2018年5月6日日曜日

2018年4月末時点 コーギーさんの資産公開

2018年3月末時点 コーギーさんの資産公開をします。

資産構成と資産の推移です。














 

 
 
ポートフォリオに大きな変更はありません。
クラウドファンディングでの運用記録はこちらのブログで。
クラウドバンク投資記録ブログ


さて、資産の推移です。

投資資産 12,417,651円 前月比 - 125,788円
貯蓄資産   4,601,247円 前月比 + 195,459円
現物資産    416,918円 前月比 +    7,966円
総資産  17,435,816円 前月比 +   77,637円

投資資産では、FX及び株式関連の下落が響きました。
貯蓄資産では、4月の給与と手当ての調整で、一時的な上昇となりました。
現物資産では、少し家具をそろえたので、資産登録しました。

5月以降、ベアがあって給与水準がアップするといいのですがね。。。

2018年5月5日土曜日

2018年3月期コーギーさんの決算発表

2018年3月期コーギーさんの決算発表をします。










まず、資産です。

総資産では昨年度末と比較して292万円増加の1735万円、
純資産では昨年度末と比較して323万円増加の1449万円となりました。

給与収入では、昨年より22万円の減少となりました。
これは主に、残業代の減少によるものです。

支出では、一般支出が110万円の大幅増加となりました。
これは主に、引越しによる一時費用、引越し後の維持費増加、
猫さん関連費用、等が要因となります。
家賃支出では、12月より引越し後の家賃が適用されたため、微増となりました。
来年以降は通年で増加が反映されます。

投資収益では、時価ベースで73万円の増加となりました。
これは投資元本を除いた含み益のみの計算です。

2018年はついに2000万円の大台が見えてきます。
楽しみにしましょう。

2018年5月1日火曜日

鳥取県の人口は2018年4月1日現在56万1368人です

毎月お送りしております鳥取県の人口レポートです。

鳥取県の人口は2018年4月1日時点で56万1368人となりました。


先月比で2009人減、自然減216人、社会
減1793人でした。

関連ブログ
鳥取県の人口は2015年9月1日現在57万0395人です
鳥取県の人口は2015年10月1日現在57万0188人です
鳥取県の人口は2015年11月1日現在56万9977人です
鳥取県の人口は2015年12月1日現在57万3185人ですか??
鳥取県の人口は2016年1月1日現在57万2969人です(暫定)
鳥取県の人口は2016年2月1日現在57万2531人です
鳥取県の人口は2016年3月1日現在57万2265人です
鳥取県の人口は2016年4月1日現在57万0381人です
鳥取県の人口は2016年5月1日現在57万0707人です
鳥取県の人口は2016年6月1日現在57万0569人です
鳥取県の人口は2016年7月1日現在57万0334人です
鳥取県の人口は2016年8月1日現在57万0203人です
鳥取県の人口は2016年9月1日現在57万0020人です
鳥取県の人口は2016年10月1日現在56万9579人です
鳥取県の人口は2016年11月1日現在56万9401人です
鳥取県の人口は2017年3月1日現在56万7890人です
鳥取県の人口は2017年4月1日現在56万5936人です
鳥取県の人口は2017年5月1日現在56万6306人です
鳥取県の人口は2017年6月1日現在56万6034人です
鳥取県の人口は2017年7月1日現在56万5826人です
鳥取県の人口は2017年8月1日現在56万5661人です
鳥取県の人口は2017年9月1日現在56万5415人です
鳥取県の人口は2017年10月1日現在56万5233人です
鳥取県の人口は2017年11月1日現在56万5002人です
鳥取県の人口は2017年12月1日現在56万4728人です
鳥取県の人口は2018年1月1日現在56万4390人です
鳥取県の人口は2018年2月1日現在56万3891人です
鳥取県の人口は2018年3月1日現在56万3377人です

 ※今月から統計公表が変わっており、リンク先が変わっています。



 

















 
 




4月は人口の大幅移動があり、1900-2000人程度減るのですが、
2015年とほぼ同水準の人口減となりました。
12か月平均の移動平均、前年同月比ともに、
過去最大の減少となっています。

転出、転入それぞれの様子を見てみますと、
社会減の数としてはほぼ同水準ですが、
4月の移動量が少しずつ減っている様子が確認できます。
人口全体の減少に伴い、移動量自体も減ってきているのでしょうか。
転入数は、就職により若い人が帰ってくる比率が高いでしょうから、
そこの数は確実に減っていますので、影響が考えられます。
転出の数についても同様で、
進学や就職により出ていく若い人の数の減少が考えられます。
来月は転入の様子が確認できますので、
もう一度確認しましょう。

次に出生死亡数です。
死亡数ですが、例年の4月と比較して、死亡数が大幅減少しています。
 2013年:667人
 2014年:675人
 2015年:660人
 2016年:682人
 2017年:723人
 2018年:591人

2017年は死亡数が少し多かったのですが、
それを除外しても例年より80人近く減っています。
来月の数字を確認したうえで、もう一度判断しましょう。

出生数については、日数の少ない2月分の反動がありますので、前月比では増加です。
ただし、12か月平均では出生ペースが減速に転じていますので、
今後も注視が必要です。



2018年4月23日月曜日

小田原城のお堀の水を全部抜くには(簡単なフェルミ推定その1)

小田原城のお堀の水を全部抜くことについて、
簡単なフェルミ推定をしてみます。
随時、アップデートしていきます。


1.概略面積
 まずは概略の面積を算出します。
 googleマップを使って、ざっくり計算です。
 13723.35 ㎡
 今回はこの数値を使用します。

2.概略水量
 番組中で使用していた数値を使用します。
 15000 ton ≒ 15000 ㎥

3.概略水位
 1.と2.から、概略水位を算出します。
 15000 ㎥ / 13723.35 ㎡ = 1.093 ⇒ 1.09 m

4.ポンプ流量
 番組で使用していたポンプの流量です。
 なお、番組中では揚程に関して言及がなかったため、
 ここでは定格流量のみを考慮します。
 400ton/h ≒ 400 ㎥/h

5.水門
 水門については詳しい情報がありませんでしたので、
 ほぼ想像です。
  水門の数 2か所
  水門断面積 0.5 m × 0.5 m = 0.25 ㎡ (1個あたり)
  設置位置 お堀の最下部 ※
  (※ 仮想的に、水門サイズを考慮せず、最下部にあるものとします)


■ここからは推定です■

A.ポンプ2台のみで排出する場合の所要時間 (流入未考慮)
 定格流量にて、ポンプ2台で排出する場合の所要時間です。

 15000 ㎥ / (400㎥/h×2台) = 18.75 h
 つまり、降雨による流入を考慮しない場合は、
 丸一日あればお堀の水を抜くことができます。
 ただし、ポンプ揚程は未考慮です(後述します)


B.水門による自然排出
 ここではトリチェリの定理を利用して、水頭差により自然排出されるものとします。
 まず、トリチェリの定理ですが、その説明の前に、ベルヌーイの定理です。
 ベルヌーイの定理は、一本の流線に関して、以下の式が成り立つというものです
 
 

 ここで、
  ρ : 密度 [kg/m3]
  v : 速度 [m/s]
  p : 圧力 [Pa]=[N/m2]
  g : 重力加速度 [m/s2]
  z : 鉛直方向の位置(座標) [m]

 この式について、水門の出口を添字1、水面を添字2とします。また、p1=p2=大気圧であること、水面における速度は水面が水門の面積に比較して比べ物にならないほど広いことからv2≒0となることを利用して、v1について整理します。


 つまり、流出速度は水面と水門出口との高低差の関数、水位の関数へ簡単に整理できます。さて、これを利用して積分してしまえば解けるのですが、エクセルで時系列計算をしてしまう方が簡単です。

 エクセルにおける設定条件は以下の通りです。
  z1 : 水門の高さ=基準点=0とする
  z2 : 3.項で算出した初期水位 1.09 m (初期値)
  
 z2については、エクセルにて時系列で計算していきます。
 これにより、水門からの流出速度が計算できますが、計算したいのは流出速度[m/s]ではなく、水門からの流出量[㎥/s]ですので、5.項で算出した水門の断面積を利用して算出します。

 流出量 Vout[㎥/s] = v1 × 水門断面積
           = v1[m/s] × (0.25 [㎡/箇所]×2[箇所])

上式をもとに、排出量が2.項の15000㎥になるのが何時間後か、エクセルで算出します。



おっと、トリチェリの定理で考えてしまうと、なんと200分つまり3時間半もしないうちに小田原城のお堀は空になってしまう計算です。
これは、少し仮定がよろしくないということですね。今回の仮定で良くない点としては、まず、トリチェリの定理が適用できるとしている点です(笑) これを言うと元も子もないですけどね。
流速を見てみますと、初期水位の状態では、約4.63m/sとなっており、かなり高速になっています。この状況ですと、現実問題で何が起きるかというと、流路における圧力損失が大きくなります。話が飛ぶとややこしくなるので簡単に説明すると、流路抵抗は流速の2乗に比例するので、流速が4.63m/sと早い状況では、流路の抵抗で実際にはこんなに速度が出ない、つまり、水が流れないのです。こうなるとどうなるかというと、p1=p2=大気圧という仮定が崩れてしまうのです。困りましたね。

ということで、今日のところはここまでにしましょう。。。


~ 本日はここまで ~


C.降雨による水の流入
 小田原城内部および、周辺地域からのお堀への雨の流入を概算します。

 (あとで追記します)


D.A~Cを考慮した必要時間の概算

 (あとで追記します)