2016年10月31日月曜日

続報1 : 豊洲市場の地下水管理システムを稼働しても水位が下がっていないのか?

下記にて豊洲市場の地下水位についてブログを書きましたが、
今回は、その 続報1 となります

<参考>
豊洲市場の地下水管理システムを稼働しても水位が下がっていないのか?


豊洲市場の地下水位について
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/toyosu/siryou/waterlevel/



さて、10/28までの地下水位の推移を確認してみましょう。
















グラフを見る限り、全体として、水位は下落傾向にあります。

一方で、約1カ月分のデータとなりますが、以下のような傾向が見られます。

・初期水位が高かった観測点は、地下水位低下幅が大きい
・初期水位が低かった観測点は、地下水位低下幅が小さい
・時折、水位上昇がみられることがある (有効数字の問題か?)

ここからは私の考察ですが、、、

・水位が高い場所は静水頭が大きいため、ポンプ流量の増加につながる?
 (水位が低いところはその逆)
・水位が低いところの地下水位をさらに下げると、
 周囲の水位が高いところから水が流れ込むため、水位が下がりにくい?

以上のような現象が考えられます。
また、この期間はさほど大雨が降っていないため、
大雨による地下水位の変化への影響は読み取りづらいです。


豊洲市場の地下水管理システムは管理水位を2.0m、
目安は1.8mとして稼働しています。

ただ、短期間、少なくとも1カ月程度では、
その水位まで管理できるほど高い能力ではないようです。

もっとも、それ自体は悪いことではありません。
早い話、ピーク時の能力に合わせて設計すると、
通常時には設備過剰になってしまうからです。

まだひと月ですから、この期間だけで判断するのは不十分です。
もう少し、長期観察を進めていきましょう。


1 件のコメント:

  1. ご考察、大変参考になります。
    >水位が高い場所は静水頭が大きいため、ポンプ流量の増加につながる?
    渦巻きポンプの特性上たしかにそうなんですが、どうも2kmほど先の浄化設備まで揚水ポンプから直接圧送してるみたいなんです。
    そうなると揚程のほとんどが配管抵抗で、静水頭(実揚程)の差は吸収されてしまってるかもしれませんね。
    仮に70L/minで32A鋼管2㎞長だと配管抵抗だけで120mにもなります)

    返信削除