2016年12月10日土曜日

続報6 : 豊洲市場の地下水管理システムを稼働しても水位が下がっていないのか?

下記にて豊洲市場の地下水位についてブログを書きましたが、
今回は、その 続報6 となります

<参考>
豊洲市場の地下水管理システムを稼働しても水位が下がっていないのか?
続報1 : 豊洲市場の地下水管理システムを稼働しても水位が下がっていないのか?
続報2 : 豊洲市場の地下水管理システムを稼働しても水位が下がっていないのか?
続報3 : 豊洲市場の地下水管理システムを稼働しても水位が下がっていないのか?
続報4 : 豊洲市場の地下水管理システムを稼働しても水位が下がっていないのか?
続報5 : 豊洲市場の地下水管理システムを稼働しても水位が下がっていないのか?

豊洲市場の地下水位について
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/toyosu/siryou/waterlevel/

さて、12/8までの地下水位の推移を確認してみましょう。



















今週は概ねすべての観測点で先週より地下水位が低下したようです。

次に、各街区の平均値を見てみましょう。



















平均水位で見ても、今週は地下水位が低下したことが分かります。
また、今週は降水量も少なかったようです。

最後に10回前の観測値との比較です。



















今週はマイナス圏であったことが分かります。
また、7街区のマイナスが大きかったようです。


今週のオマケです。
先週、急激な水位上昇を見せたNo.6-7の推移です。


















観測開始以降、2.4mくらいまで水位低下していましたが、
先週の謎の急上昇により、現在は3.2mまで水位が上昇しています。
今週も水位維持となっており、低下は始まっていないようです。
もう少しウォッチしていきましょう。


さて、みなさんすでに豊洲市場なんて興味なくなってるかもしれませんが、
こうしてる間にも業者への補償金がどんどん膨れ上がっています。
いち早く補償を開始してもらいたいものですね。
速やかにやらない東京都の姿勢は異常だと思いますけどね。

0 件のコメント:

コメントを投稿